私は昔ある会社で、勤めていたのですが経費精算の事でやらかしてしまった事がありました。そのやらかした事とは、その会社は、地方への出張工事が月の半分以上あり先にいる分の出張費を、まとめて支給して頂きます。そして出張工事が終了し,又会社に残った出張費を返さなければいけないのですが、その返さなければいけないお金を、ギャンブルにつぎ込んでしまいました。金額にして9万と2千円ぐらいだったと思います。返さなければ、いけないとは思ってはいたのですが、ついついやってしましました。お金をその日に返せなくなり、その日は会社を休みました。そして急いで父親のいる実家に向かい借金を用立てていただきました〔かなりの剣幕で叱られ殴られました)そして次の日に、用立てたお金を持って行き精算さしていただいたのですが、私は2度とこういった事を、しないようにするためにも主張費の先支給は止めて頂き、後支給清算に代えていただきました。結論から言いますと、お金を持つと性格が変わる人には後清算か、上司にお金の管理を任せる方が懸命だと思います。

経費精算システムの必要性とは

経費精算システムはとても多くの企業に支持されています。こうしたシステムがあるということは、とても大きな価値があります。特に大きな企業ということであれば、経費に関する書類も膨大なものになっていくことになります。精算システムがあるということは、とても大事なポイントになっています。正確な会計処理を行っていくことが出来るようになっていることはとても大きな価値があります。経理などは正確性が求められていくことになります。こうした仕組みをきちんと活用しておくことで、会社は不正を見出すことも出来るようになっています。どんな仕組みがあるのかということをきちんと理解しておくことが必要になります。様々なソフトがあるということを考えても、きちんと選定して経理の規模などに合わせた商品を購入する必要性があります。システムの選定はとても大事です。

経費精算はビジネスも家庭にもあります

企業の経費精算、家庭でのアルバイトの経費精算など、ビジネスばかりではなく、言葉に頼りすぎないで、広い視野で活用してもよろしいかと思います。経費は金銭に経費についてなので、アルバイトや会社の勤務により賄われています。つまり、健康に気をつけてしっかり働いていけば、経費もなんとか精算できるとおもいますよ。会社やアルバイト先での出会いなどが励まされたり悩んだりとして、多少業務成績に変化が問われることもしばしばあります。苦労は絶えませんが、なんあとか精算できると思います。少し文章内容が変でした。精算された経費をATMにあれば、貯金することができれば、誠に大義極まりません。それだけ必死に一か月一か月、汗水たらして働いたわけですから、歓喜に似たすばらしい業務成績で、祝福の意をもってしまいます。働くことの喜びでございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です