仕事を行う上で何かを購入し、個人で何かを立て替えた場合は経費精算を行います。そのやり方にはどのようなものがあるのでしょうか。私の会社の例で言うと、まず何かを買い、その実物と領収書を持っていくと、経理の担当の方が領収書に検収の印を押してくれます。その領収書を支出の伝票に付けて提出すると、翌月ごろ給与と一緒に銀行の口座に支払われる仕組みになっています。経費の立替分や旅費の精算など、実費にあたる分には税金がかかりません。このようなものにまで税金がかかってしまうと、立替を行ったり、出張に行く人がいなくなってしまうからです。しかし私の会社の場合、出張に行くと、県内で200円、県外で800円の出張諸費が支給されるため、この分を充てにすると実費以上に稼げるかもしれません。でも数百円のために1日出張してクタクタになって帰ってくることを考えると、どちらが得なのか考えてしまいます。

自分の会社の経費精算のやり方。

自分は経理部の所属です。だから、経費精算は日常業務の中に入っています。自分の会社では、紙に領収書を張ってから経理担当者にその用紙を渡します。その後、経理からお金を渡します。さらに、先にお金を渡しておく仮払いという方法もあります。その時も仮払い申請書にどのくらいお金がほしいかを書いて渡します。そうすることでお金をもらえます。その後に前に書いた方法で経費を精算します。お金を返す時もあるし、足りなくて立て替えていたのであればお金をもらえる時もあります。自分が一番面白く感じるときは細かい小銭をたくさん渡しているのを見るときです。からかってそういうことをやるのですが、やっぱりそういうことは結構面白く感じます。旧札を渡すとかそういうこともありました。そういう日常業務の中でも和むことも必要だなと思います。自分も偉くなったら少しはユーモアがある人間になりたいです。

自営業の方は毎年経費精算をしなければならない

自営業の方は、毎年、経費精算をしなければならないと言うことをご存知の方は少なからずいらっしゃると考えます。確定申告の用紙と一緒に、収支内訳書を一緒に提出しなければならない決まりが存在します。収支内訳書の内容は、売り上げの他に、1年間の経費の合計を精算して計上しなければならないことを、ご存知の方は少なからずいらっしゃると考えます。経費の内訳は様々ですが、交通費や通信費や家賃や水道光熱費や交際接客費用や書籍代や事務用品代などいろいろ存在すると理解している方はいらっしゃると考えます。経費精算の注意点は、1年間の経費の計算をまとめて行うのでは無くて、毎月精算書に経費の記入と領収書を貼り付けて管理することが必要だと言うことを注意しておかなければならないと考えます。経費を計算することは必ず必要になる行為です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です